毎日飲み続けるだけ、2か月で-10kgも可能!?今注目の「すっきりフルーツ青汁」
 

 

ポッコリお腹を治したい!もっと痩せて可愛くなりたい!

 

「最近お菓子食べ過ぎて太ってきちゃった・・・」とかよくあることですよね。特に思春期になると、体型も含め周りから自分がどう思われているかが気になりはじめます。

そんな高校生がたくさんいることかと思いますが、実際には痩せるために何をしたらのいいのかわからない人がほとんどです。

よくあるのが、食事制限などですが体が成長する高校生にはあまりオススメはできません。

 

では、どうしたら無理なく痩せることができるのか?

今回はぽっちゃり高校生でも1か月で目標-10キロを目指せるような痩せる方法を紹介していきたいと思います!

まず初めに

 

ほんとうにあなたは太っているのでしょうか?最近、高校生では特に無理なダイエットをして拒食症になったりするケースもあります。

まずは、あなたの身長での適正体重を知っておきましょう。

 

適正体重がわかります

ここで既に「低体重」と判断された人はダイエットしなくていいと思います。

痩せたい理由は人それぞれですが、自分の健康に害を及ぼすまで痩せる必要はありません。

1か月で-10キロ痩せる方法

 

さて、適正体重はわかりましたか?ダイエットはとにかく続けるためのモチベーションが必要です!

「好きな子に気に入られたい」、「バカにしたあいつを見返してやりたい」とかなんでもいいです!

では実際に具体的な痩せる方法をみていきましょう!

食生活を改善して痩せる方法!

水とりダイエット方法

 

体重を落とすのがダイエットの必須事項であることに間違いはありません。

でも、単に数字の変化だけでなく、見た目がスッキリと美しい体型になれるならばそれがベストです。

そんな理想的なダイエット方法が「水取りダイエット」です。

 

女性が瑞々しくいるためには水分が欠かせないと考えている人は多いと思いますが、実は排出キャパを超えて水分を摂取している場合が多く、そうすると体重オーバーになるのはもちろんのこと、浮腫んだ体つきとなってしまうのです。

水取りの方法はシンプルで、極力水分を摂取しないだけ。

通常の食事には必要な水分が含まれていて、特別な運動を日常的にしていなければ、それだけで十分なのです。

 

これを1ヶ月続けてみると過剰に水分を取らないことが当たり前になり、見た目もスッキリしてきます。

もちろん体内に溜め込んだ水分が抜けるので、これだけで-10㎏減も夢ではないのです。

1食置き換えダイエット

 

文字通り、朝昼夕のどれか1つを置き換えます。

 

①置き換え用の食材は、いつも食べているものよりもカロリーや糖分控えめの食材にする(置き換えダイエット用の食材が売られているので、それを利用してもよい)

 
毎日飲み続けるだけ、2か月で-10kgも可能!?今注目の「すっきりフルーツ青汁」
 

②置き換える1食以外の食事は、いつも通り食べる。間食もOKという、本当に3食のうちの1食の栄養を制限するというものです。これだけでダイエットの効果が出ます。

 

代謝が活発な高校生なら、なお効果が出やすいです。

ある程度年齢が上がってくると代謝が落ちてくるので、代謝を上げるための体作りをしないと効果は出ません。

簡単にできる咀嚼ダイエット

 

誰にでもすぐに出来るダイエットとして、咀嚼回数を増やす方法があります。

食事を摂る時に、一口に約30回噛むことを意識します。

よく噛むことで、脳を刺激して満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

さらに、唾液によって食材が素早く糖に分解され、血糖値を上げて普通に食べるよりも早く満腹中枢を刺激するという研究結果も出ています。

 

咀嚼回数を増やすことで、カロリー消費量も上がります。

交感神経も刺激されて、脂肪の細胞に効果があるノンアドレナリンという物質が分泌されて脂肪が燃焼しやすくなります。

ダイエットで怖いのがリバウンドですが、咀嚼ダイエットはきちんと食事をして行う方法なため、習慣にしてしまうとリバウンドがしにくいので、高校生にもおすすめです。

運動して痩せる方法!

1回10分!ダンベル体操

 

その名の通りダンベルを使った体操です。

痩せるには摂取エネルギーより消費エネルギーを多くする必要があります。

そこで筋肉をつけることができるダンベル体操はダイエットにぴったり。朝晩2回で驚く程の効果があります。

 

力に自信のない人は1㎏から始めるのがお勧めです。ダンベルを2個用意します。準備体操後、両手に一つずつダンベルを持ちトレーニングをスタート。

手の上げ下げ×15回×1セット、スクワット×15回×1セット、両手を右・左と動かす、ひねり×15回×1セットを行います。

スクワットはお尻が後ろに出やすいので、出来るだけお尻を中に入れ背中がまっすぐの状態を意識することが大切です。

 

また、勢いで手を動かさず、ゆっくり確実に1つの動作を行うことがポイント。筋肉に負荷を与えます。

毎日続ける内に、1㎏では物足りなくなってきます。重さを2㎏、3㎏を徐々に増やし、より強い負荷を与えていきます。

ダンベル体操は筋肉量を増やしてくれるので、代謝が上がり痩せ体質にもなります!

体幹トレーニング

 

体幹とは姿勢に関わる筋肉の全てで、体幹を鍛えることによって体の軸ができ、代謝が良くなって脂肪が燃焼しやすくなります。

つまり、ダイエットの為の準備運動のようなものです。

 

そこで一つ、お手軽でどこでもできる体幹トレーニングを紹介します。

そのトレーニング方法とは、姿勢は直立不動の状態で、肩甲骨を軽く開いてしっかり胸を張ります。そして、大きく息を吸ってお腹を膨らませます。

次に息を吐きながらお腹を凹ませます。注意する点は、息を吸う吐くを5秒ぐらいかけて行う事です。

これだけで、体幹が鍛えられ、他のダイエットの効果が上がります。是非トライしてみて下さい。

まとめ

1か月で-10キロ痩せる方法はいかかだったでしょうか?高校生でも実践しやすいような、無理なく続けられるものばかりです。

1か月で-10キロ痩せるとなると、いきなり断食してみたり、ヘトヘトになるまで走ったりするのが良いと想像してしまいがちですが、実は、普段の生活習慣を見直すことが1番の近道だったりします。

今回紹介した痩せる方法を参考にしてみて、理想の体型を手に入れてみてくださいね!

 
毎日飲み続けるだけ、2か月で-10kgも可能!?今注目の「すっきりフルーツ青汁」