毎日飲み続けるだけ、2か月で-10kgも可能!?今注目の「すっきりフルーツ青汁」
 

 

将来的に子供が短足にならない方法とは?

足が長いとさまざまな服が似合う。子供の時はあまり気にしないかもしれませんが、大人になると足が短いのって結構気になると思います。

実際的には数センチの差なのかもしれないですが、かっこ良かったり美しい体型に見えたりしますよね。かつての昭和生まれの方と比較して、現在の子供は足の長い子がたくさん居るように思えます。

その中で育つ子供たちは、もっと鮮明に差異を実感することになると考えられます。

 

自分のようにはなってほしくない。親にあたる当人が足が長くなくても、自身の子供はなるべく足が長くなってほしい。

確かに遺伝は存在するかもしれないが、将来的にもしかしたらスラッとした長い足を手に入れられるかもしれない方法に関してまとめてみました!

そもそも短足は遺伝するのか?

自分がこんなに足が短いのは両親のせいだ!と思ったことはあるでしょうか。

本当にそうなのか、ネットで調べてみると気になる情報がありました。

身長や体重はとても遺伝の影響が強く、特に身長は9割が遺伝の影響といわれます。足の長さも8~9割が遺伝で決まります。

体型は全般的に遺伝の影響が強い。一卵性双生児の調査では、最大体重、つまりどこまで太れるかということが遺伝的に決まっているのではないかという調査結果が出ています。参考元:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35673?page=4

つまり、身長や足の長さなど容姿による要因は親の影響を受けやすいということです。

ですが、一部には身長が遺伝によって決まる割合は2~3割程度にすぎないという意見もありました。

実際のところ、どの情報が事実なのかは今も議論されているところで未だ身長や足の長さが遺伝によってどれほど影響を受けるのかということはわかっていません。

 

現在多く上がっている有力候補は「2~3割程度」であるという情報です。

参考元の記事は2013年に書かれたものであり、あくまで調査結果であることから断定できる内容ではありません。

どちらにしても、100%遺伝によって影響するなんてことはまずないと思われます。

 

親は身長低いが子供は身長が高い、子供だけ(親だけ)足も長くてスラッとしているなんてよくある話です。このことからも、特に成長期による努力次第では体型が変わるなんてあり得ることだと言えますね。

まだ体ができあがっていない子供時代は普段の生活によって影響を受けることのほうが大きいと感じます。

しかし、成長期を過ぎるとすでに体ができがっているのでこれから改善しようとなると、骨盤矯正など自分の体をいじらなければ中々改善することが難しくなってきます。

ですから、子供の内から生活習慣をちゃんと整えてあげるなどの親としてのびのびと成長できる環境を作ってあげることがまず大事なのではないかということです。

今からできる子供の足が長くなる方法!

それでは実際に今からできる子供の足が長くなる方法を見ていきましょう。

ひょっとしたら、親御さん自身が今まで育ってきた環境を振り返ってみて意識したことがなかったことがあるかもしれません。

運動をさせましょう!

 

一口に言うと、背を伸ばすことで足も長くなるはずです。

そのために、適度な運動で成長ホルモンの分泌をしっかり行う必要があります。

 
毎日飲み続けるだけ、2か月で-10kgも可能!?今注目の「すっきりフルーツ青汁」
 

大事なのは適度な運動です。加えて縦方向に刺激を与える運動がメソッド。

よく耳にする縄跳びもいいですが、色々なジャンプを重要とするバスケットボールやバレーボール等が効率的でしょう。

ですが、あまり強要はしないほうが良いです。基本的に何事にもやり過ぎはよくないと言えます。

知っていただきたいのは、伸ばしたいために何でもやりすぎは逆効果だということです。

許容範囲内であれば、子供の時から運動させることは成長を助けることにおいてもとてもメリットが大きいでしょう。

寝る子は育つは本当。睡眠は大事!

 

現代っ子に多いのが睡眠不足。特に成長が活発な子供時代に睡眠をしっかりとらないのは大きな問題

身長や足を長くするためには成長ホルモンを分泌させることが大切です。

では成長ホルモンが多く分泌させる時間はいつか? ご存知の方も居ると思いますが、それは人が寝ている時間、つまり深夜帯です。

そのタイミングにしっかりとした眠りについていないと成長ホルモンが分泌されなくなります。よく聞く、「寝る子は育つ」は本当です。

テレビも遅くまで観せないなど制限をかけて親としても、ちゃんと子供には十分な睡眠をとらせるように心がけましょう。

普段から姿勢を良くしよう!

 

足を組むとカッコよく見えるかもしれません。特に男の子はそれをみて真似しがちです。

ですが、足を組んで椅子に座ると体が歪んでしまうことから何1ついいことがないです。

一緒の方向に組むことが良くないので交互に組んでバランスを取っているから安心と考えている人も存在するのですが、交互に組んでいても実際は足を組んでいますからよくないと考えられます。

 

恥ずかしながら過去に、自身も足を組んで座ってました。しかし、体にとってよくないということを知り足を組むのをやめました。

現在では、ちょっと足を組んで座っただけの場合でも腰が痛くなってしまうのです。その分、体に負担をかけていたと実感しています。

子供の時から足を組むことに慣れると、後々癖になって自然にしてしまうことがあるので今のうちから注意しましょう。

容姿だけを追い求めないように

やっぱり、身長や足が長いと見栄えもいいので異性からもモテたり、褒められたりすることも多いと思います。

しかし、容姿は個性の一つでもあるので本来それを無理やり変えようとして体を壊したりしたら元も子もないです。

例え、自分でどんな醜い体型だと思っても親から授かったたった一つのあなたの大事な体です。

最終的に判断するのは人の中身であり、別に容姿だけにこだわる必要はないということを忘れないでください。

まとめ

今回は子供の足が長くなる方法についてお話しました。

やっぱりスラッとした長い足は男性でも女性でも憧れますよね。

親というものは子供には辛い思いをさせたくないものです。

もし自分の体型にコンプレックスがあり、子供に同じ思いをしてほしくないなら一度記事の内容を参考にしてみてください。

わかっていても中々できていないことがあるかもしれないので定期的に思い出しながら実践してみることをオススメいたします。

 
毎日飲み続けるだけ、2か月で-10kgも可能!?今注目の「すっきりフルーツ青汁」